The Earthquake Simulator for Dolls  (2014)

I made a device that is an earthquake simulator for 1/3 dolls. Indeed, the purpose of this device is to appreciate swingy dolls. It isn’t an accurate simulation of earthquakes.
Basically, dolls are just placed when they display for devotee. However, this device redefines that relationship by swinging, and proposes how to have fun with dolls.
This project was exhibited at Maker Faire Tokyo 2014 and 2015.

 

1/3サイズのドールのための、地震シミュレーターを創りました。この装置は、左右にグラグラ揺れているドールの様を鑑賞する為のものです。実際の地震を再現しているわけではありません。
ドールは基本的に固定して飾り、眺めるモノです。この装置は、ドールをあえて動かすことで人間との関係を変え、これまでと違う楽しみ方を提案します。
本作品は、Maker Faire Tokyo 2014および同2015にて、展示・実演しました。

 

es_20_1000

 

Movie/動画

 

Most parts was made by wood or MDF.
多くのパーツは木材およびMDF板で制作。

imgp3905

 

Swinging are implemented by servomoters and crank. They are controlled by Arduino Mega.
揺れはサーボモータとクランク機構で実現。制御にはArduinoを使用。

imgp3965

 

Intensity of swinging is able to adjust by volume. Additionally, intensity is displayed on the analog meter.
Her safety helmet was printed by 3D printer.
ツマミで揺れの大小を制御することも可能。また、設定されている揺れの強度をアナログメーターで表示します。
ドール用のヘルメットは3Dプリンターで出力しました。

es_doll_meter

 

This is a photo of the exhibition at Maker Faire Tokyo 2014.
MFT 2014での展示の様子。

dsc05325

 

Process/制作過程

img_2993

img_3089

img_3090

img_3091

img_3101

img_3153

img_3147

img_3158

img_3160