My Trip to Shenzhen in China

Posted on 4月 5, 2017

I went to China three times last year that are Shanghai two times and Shenzhen once. I write about Shenzhen below.

Firstly, I intended to see a delightful event of anime, manga and cosplay, which will be held at Shenzhen. However, unfortunately, the local government mandated to postpone taking place that event two days before the date.

 

On the other hand l’ve wanted to go to the Kahokukyo electric city in Shenzhen, So I went to there.

That electric city has been huge as Mr.Takasu spoke in NT Kanazawa 2016. Some buildngs are full of stores which sells peripherals and electric parts. I think that city has several times the scale about number of shops than Akihabara, Japan.

 

And in Shenzhen Syojo which is the largest book store in the city sells books to repaier iPhone, smartphone, and many appliances. I understood a little of attitudes of Chinese people in Shenzhen who repairs various things as possible they can. This attitudes is poor in Japan now.

 

So far, Though I’ve not be able to understand this huge city, the neighbour is HongKong where is the big city in Asia too. I think there is a possibility for an exponential development in Shenzhen.

 

昨年は上海に2回、深センに1回と、合計3回中国に行きました。このうち、8月に訪れた深センについて簡単に書きたいと思います。

元々、深センでアニメ、コミック、コスプレの面白そうなイベントが開催される予定で、それも見物するつもりでしたが、開催2日前に地元当局の指導により開催延期に。

ほか、以前から見たいと思っていたのが、華北強の電気街でした。NT金沢の高須さんのトークで聞いていた通り、大きい。上から下までPC関連ショップ、パーツショップ、ジャンク屋、みたいなモールがいくつもありました。これらの店の数だけで考えると、日本の秋葉原の数倍の規模はあろうかと思います。
中心部から外れると寂れたモールもありましたが、全体の規模と賑わいはかなりのものでした。

また、深セン書城という書店では、やはり高須さんが紹介していたスマフォやテレビ、家電の修理本のコーナーもありました。直せるものは自分で直してしまう、DIYの姿勢を感じました。この辺、最近の日本では希薄かもしれません。

まだ深センという都市について私は何も分かりませんが、すぐ隣には香港もあり、今後さらなる飛躍的発展の可能性があると思いました。